オセロは日本発祥って知ってますか

小学生の時、クラスにオセロが強い友達がいました。
その子の影響かどうか分かりませんが、一時期オセロが大流行し、父に手解きを受けたことを覚えています。
その割には、たいして強くなりませんでしたが。

オセロは日本生まれであることをご存知でしょうか。
1945年、当時中学生だった少年が編み出したゲームなんです。
囲碁のルールを分かりやすくして、囲碁をよく知らない人でも楽しめるように工夫したのがオセロの始まりだと言われています。

元々は、相手の石を挟んだら自分の色の石と交換できるルールでしたが、これでは手間がかかってしまいます。
そこで、少年は牛乳瓶の蓋の片面を黒く塗り、それをひっくり返せばよいという方法をあみ出したのです。

オセロが発売されたのは1973年、それからというもの日本で人気となり、今や世界のオセロとなっています。
最近は電子ゲームにすっかりお株を奪われてしまったゲーム業界ですが、ボードゲームのおもしろさは何年経っても変わることはありません。
たまには相手と向き合って座り、オセロゲームに没頭するのも良いですよ。車を高額で売りたいのなら一括査定に

お気に入り