車買取査定ってどんな仕組み?

車の買取をお願いする場合、必ず査定を受けることになります。この査定、いったいどのようにして行っているのでしょうか?

車の査定をする場合、まずは車の傷やへこみなどの状態をチェックし、さらに車の内部の状態のチェックを行います。これは各車の買取店でチェック表が用意されており、このチェック表に基づいて査定士と呼ばれる人たちが、項目一つ一つについてチェックしていきます。

この査定士と呼ばれる人たちは、中古車査定協会で行われている技能検定に合格した人がほとんどで、査定士によって大きく査定結果が異なるということはありません。次に、査定ではこの車がどのくらいの価格で売れるかということを探っていきます。

これは買取店によってケースが異なりますが、買い取った後にオートオークションに出品するか、自社独自の販路があり、その販路に流していくのか、さらに海外に輸出するなどの経路ごとに、売れる予想価格というものが異なってきます。

大よそ売れる価格を考え、そこから買取店の利益やコストを差し引いた価格が査定額となります。買取査定の仕組みはこのようになっているため、買い取った後の販路によって、買取価格というのは大きく変わってしまうということが分かります。

お気に入り