投資家とはどのようなものなのか

投資をやっていない人から投資家というものを考えたときには、多くの人は投資家についてのイメージは「守銭奴」だとか「金の亡者」とか思っているかもしれません。なぜならば、投資家たちは毎日含み益が増えたとか含み損が増えたとかリアルタイムで自分の金融資産を的客かつ客観的に判断できてしまうので、彼らのことを毎日お金に翻弄されているうな人だと思ってしまうのかもしれません。
株式投資に一歩でも足を踏み入れたしまうとどうしても多く人は毎日動く株価に翻弄されて、上がったり下がったりする株価に心をからめとられてしまうものなの株式投資を経験したことのない人でも先のようなことを思うのかもしれません。ただ、ある程度の投資家レベルになってしまうと日々変動する株価は非常に気になりなりますが、その変動率が自分が想定した範囲のものならばまったく驚くことはありません。
なぜならば、彼らは自分が耐えられるポジションしか株式を保有していないので、日々の株価の動きに翻弄されることが少なくなるようなのです。車なんだけどハイブリットに買い替えようかな

お気に入り